ガチロボツインパクト

皆さんどうもこんにちは。
ガチロボの絵師さんである松本エイト先生が石川の超CSに来ると聞いて、どうやって行こうか考えているながさんです。

ガチロボイヤー!!!
まさにそう言ってもいいほどのガチロボの強化されっぷり。それは勿論今期からの新要素「ツインパクトカード」の登場によるもの。
いやー、事前評価の時大きな期待を寄せましたが、その期待以上にガチロボデッキ全体の強さが格段に上がってきています。
そして先週発表されたあのカード・・・
今回はそのカードの解説と共に、ツインパクトによる今期におけるガチロボの躍進を解説(妄想?)していきたいと思います!
それでは本編へどうぞ(^O^)/







DdCMFX6V4AAiYlP

【龍装の調べ 初不/ホーリースパーク】
ドラゴンギルド/メタリカ
コスト6 クリーチャー パワー7500
■ブロッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前にスパークとある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次のターンのはじめにアンタップしない。

コスト6 呪文 
■S・トリガー
■相手のクリーチャーをすべてタップする。

やったぜ、ガチロボ最強!(単刀直入)

はい、先週発表された新ツインパクトカード。散々騒がれて説明するまでもないと思いますが、6コスクリーチャーの下にご存知ホーリースパークが付いています。
要は6軸にスパークトリガー呪文を搭載できるようになったのです!

このカードが示してくれるガチロボの希望。
それを今から話していこうと思います。

6軸の強化、環境入りへ

一つはシンプルに6軸がめちゃんこ強化されたという点です。
6軸は今までも全ガチロボの中でも1番と言ってもいいほどの強さを持っていて、マナロックガラムタの殿堂があってもその強さは衰えるどころか、ウル大地などのトリガーGWDディール等の序盤用カードの登場で強化され続けてきました。
そして今回のスパークの追加・・・
僕は次の殿堂や追加カード次第で6軸の環境入りも可能だと思っています。
だから6マナマナ加速ツインパクト出してください!お願いします!なんでもしま(ry

シールドトリガーツインパクトの登場

20180511203757

卍月 ガ・リュザーク 卍」の下の呪文を見た時から予感していましたが、まさか既存カードのリメイクとしてこんなに早く発表されるとは思いませんでした。

ガチロボにとってSトリガーはとても大事な存在です。

勿論ガチロボデッキはガチャンコガチロボによる展開力が一番の特徴であり、ガチロボを出さないことには他のデッキの劣化でしかありません。

つまり「6マナまで繋ぐ」事はガチロボデッキにおける一番の目的とも言えます。そのため多くの軸はガチロボの外れだとしてもマナ加速カードを搭載しています。
その6マナまで繋ぐためのもう一つの手段がSトリガーであり、これにより圧倒的不利な速攻~ビートダウン系にもワンチャンス作ることが可能なのです。

しかし前回話した通り、ガチロボの外れカードを増やし過ぎてしまうとガチロボ自体の成功率が大幅に下がってしまうため、大抵はガチロボ(4枚)マナ加速(4枚)を入れてそれ以外は同じコストで固める構築が多いです。
つまり基本的にはSトリガークリーチャーを搭載するのですが、これが難しい。

ST持ちクリーチャーは昔から呪文に比べ強さが抑え気味で、圧倒的に数が少ないのです。
rapture_20180526005140※拡大推奨
ドラゴンサーガ期のパックを見てみても呪文ST5~6枚に対して、クリーチャーSTはあって1~2枚。(0枚というのも少なくない)それも呪文に比べたら条件付き&弱めのカードが多いのがわかります。
Rev以降は既存トリガーのクリーチャー化(ホーリーやデスハンズ等)や速度インフレによるトリガーカードの増加に伴い多少ましにはなりましたが、それでも層の薄さは否めません。

さらにガチロボはコストごとにデッキが違うため、どうしても低コストの軸に強いトリガーを積むことが出来ない問題が発生していました(2,3等のコストで強い効果を持ったトリガーは一握り)

そんな中登場したST呪文付きツインパクトカード
「STクリーチャーは全体的に弱めだしあまり数もないし、そもそも強い呪文STを積みたいな~」というガチロボ使いの悲しい願望完璧に叶えてくれました。

69otZt2OSVo8abJ2

この記事を執筆中に公開された2枚のST持ちツインパクトですが、非常に強いです。今までクロックぐらいしかまともなトリガーが無かった3軸に5コスト9コスト相当のトリガーを積める様になったというだけでもSTツインパクト登場の素晴らしさがわかるでしょう。

一拡張におけるガチロボ強化カードの増加

rapture_20180524151842
これは一年前の新一弾、「ジョーカーズ参上」のSトリガーをまとめたものですが、先ほど言った通り呪文の方が数が多く、しかも強いことが分かると思います。
(最強格のバイナラドアもガチロボでは条件付きと使いづらく、実質使えるのはその下の2枚ぐらいです)

しかし次の弾のトリガー呪文の枠のほぼ全てがツインパクトカードになるかもしれません。
その理由はデュエマ開発者のkoichiro maki氏がTwitterで「ツインパクトにトリガーの時代が到来してる」とツイートしていたのを見て、次の弾はツインパクトトリガー押しのパックとになると思い、初不含めたSR5枚上の2枚含めたR5枚10枠がツインパクトトリガーとして登場してくれることが予測できたからです。
そうなればガチロボに入る強力なトリガーが一度に10枚前後追加されるという、今までのガチロボの歴史を変えるレベル超強化パックとなり、先述したガチロボの環境入りすら見えてくるレベルになると思います。(あくまで予想、でも上の2枚を見るとかなり期待しちゃうよねぇ~)

 まとめ


・スパーク付き6コスつえー!6軸環境入りいけるやん!
・トリガー呪文が無理なく入る感動。新規2枚強すぎィ!(首)
・ガチロボ史上最高の強化パック降臨!?止まるんじゃねぇぞ...
💃


新弾のカードレビューもやるのでお楽しみに~(*´з`)


【おまけ】初不採用の6軸ガチロボ解説

6軸ツインパクト


ツインパクトやBADの登場でマナ加速を引けなくても序盤から動くことが出来ます。
その他STやSA付与、メタカードと、どこを取っても他の軸とはレベルの違う強さだと思っています。

各カードの採用理由を軽く

フェアリーギフト
キングシビレアシダケ
この枠をアシダケだけとか
ギフト1アシダケ3にしている人をよく見ますが、正直あり得ないと思います。
6軸は他の軸とは違いガチロボがガチロボの外れにならないのでマナ加速を入れても成功率は高いんですよね。
それにアシダケギフト共に6マナというコストとはかなり相性がいい。確かに前回外れ1枚でも大幅に確率が下がってしまう事を解説しましたが、そのリスクを負ってまで速度を求める必要がガチロボにはあります。
一番の理想は6コストのツインパクトマナ加速が出てくれることですが、現時点の6軸のマナ加速枠は5枠とったほうがよいのではないでしょうか?

龍覇 グレンモルト
紅神龍ジャガルザー
ガチロボSA付与要員。
ムラマサリザードは「枠がない」「汎用性が薄い」「ほかのカードとの兼ね合い」という点で採用を見送っています。
6軸の赤枠はGWDの登場で激戦区になっています。
GWD3~4,マナロ1がほぼ確定の今、残りのSA付与枠には4~7枠しか裂けません。
そこでSA枠はモルト、ジャガルザー、ムラマサからの選択になるのですが、SA付与に加えてフィニッシャー生成、除去、ブロッカーと汎用性の塊であるグレンモルトは確4だと思います。

残りの2枠には構築との相性相性を考えてジャガルザーになるのですが、正直ジャガルザーですら入れても入れなくてよいというのが本音です。

続きは後日